減量 食事

健康にダイエット

合理的な食事で健康にダイエットする

健康にダイエットするなら、まず健康のために、ダイエットしても、不可欠の三種類の食べ物を紹介し、そして、ダイエットに影響をおよばない食品、最後にダイエットにプラス効果をもつ食べ物という三部分から展開する。

 

一、健康にダイエットするため、飲食の調節が一番だ。

 

三種類の食べ物は痩せたくて美しくなりたい人にとって絶対摂取しなければならないものである。

 

まずはタンパク質。

 

栄養学理論によると、熱量の減少は主に糖や脂肪から始め、蛋白質を一定の程度に維持しなければならない。

 

タンパク質は体の組織を修復する効果があり、多くの生理機能の発生と協調もこれにたよる。

 

タンパク質の摂取を減らした結果、髪の光沢がなく、精神も悪くなる。

 

次は繊維質、ビタミンの補充。

 

繊維質、ビタミンは肌が白くみずみずしくなるため、摂取しなければならないのである。

 

しかも繊維質、ビタミンは美しくさせるだけではなく、便秘のことも助けられる。

 

最後はカルシウムミネラルの摂取。

 

これらの成長期に必要な乳制品なども、美しく痩せている秘密だよ。

 

二、ダイエット期間で食べる制限がない食品。健康のため、食べてください。

 

野菜:

 

健康にダイエット

健康にダイエット

 

すべての野菜、キュウリ、レタス、冬瓜、かぼちゃ、トマト、茄子、緑のもやし、新鮮なキノコ、茴香、冬笋、キヌサヤ(しかし食べる時は調理方法を注意し、油、砂糖などを入れすぎてならない)

 

食糧:

 

こんにゃく

飲み物:

 

ミネラルウォーター

 

海もの:

 

魚介類、カニナマコ、イカ、干し貝柱

 

三、食べれば食べるほどやせる脂肪解消の食べ物。健康になるし、ダイエット効果にもブラス。

 

ダイエット時に適切な食材を選択すれば、半分功倍の効果に達する。

 

食べ物に含まれるビタミンなどの微量元素は人体がコレステロールなどを肥満物質の吸収を減らすので、ダイエットするときにこれらの食品を多く食べてもよい。

 

お茶

 

コレステロールやコレステロールのレベルを下げることができ、マイクロの血管の壁の靭性を強め、動脈硬化症を抑える。

 

たまねぎ、にんにく

 

たまねぎはプロスタグランジンを含み、血管を拡張や血圧を下げる機能があり、動脈硬化症を予防する。

 

ニンニクが含むニンニクオイルは脂肪を減らす効能をもつ。それが含まれる硫化物の混合物は血中コレステロールを減らし、血栓症を防ぐ。

 

りんご

 

豊富なカリウムを含み、体内の余分なナトリウムを排除し、毎日りんごを三つ以上を食べると、正常な血圧維持することができる。

 

牛乳

 

多くのカルシウムを含み、人体内のコレステロール合成酵素の活性を抑え、人体がコレステロールに対する吸収を減らすことができる。

 

オートムギ

 

きわめて豊富なリノール酸と豊富なサポニン素を含み、血清総コレステロール、グリセリン三脂やβ-リポ蛋白を下げることができ、動脈硬化症を防ぐ。

 

とうもろこし

 

豊富なカルシウム、セレンとレシチン、ビタミンEなどを持ち、血清コレステロールを下げる作用を持つ。インディアンは高血圧や冠状動脈心臓病がないのは、主にその主食トウモロコシに原因がある。

 

健康にダイエット

 

 

高蛋白の低脂肪の食品で、人体必要な多種の不飽和脂肪酸を含み、血小板凝集を抑えるとコレステロールを低下させる作用があり、脳を健やかにする。

 

菊緑茶

 

菊はコレステロールや血圧を下げる機能を持つ。また、緑茶が降血圧の作用があり、緑茶の中で少し菊を混ぜると、心臓血管にとても良い保健作用がある。

 

その他の健康にダイエットする用の食べ物

 

トマト、西芹、レモン、スイカなど多種の野菜や果物も一定の脂肪解消、ダイエットする作用があり、食事の時、この種類の食品を選んでよいが、どんな無糖の果物でも量を過ごしてはいけなく、さもなくば逆効果になる。

ダイエットお粥作り方

ダイエットお粥作り方

今日に、四つのダイエットお粥作り方を紹介します。

 

一、ハトムギの実サンザシベニマメノキ粥:

 

原材料:ハトムギの実、干しサンザシとうるち米それぞれ30g、ベニマメノキ20g。

 

このダイエットお粥作り方:

 

先に、ハトムギの実とベニマメノキを洗って、水に1時間を浸してから蒸かこなして、サンザシの中に適量な水を入れてからうるち米と一緒に粥に炊きます。

 

粥が出来上がる寸前に、こなしたハトムギの実、ベニマメノキを入れてから5-10分間煮てから食用します。

 

毎日の朝晩に主食として食べて、脾臓を逞しくなって、湿気を払いのけて、ダイエットの効果もあります!

 

ダイエットお粥作り方

ダイエットお粥作り方

二、白いブクリョウ粥:

 

原材料:白いブクリョウ15g、うるち米100g。

 

このダイエットお粥作り方:

 

白いブクリョウをひいて細かい粉にしておいて、毎回15gを取ってうるち米と一緒に粥を炊き、毎日一回あるいは一日おきに一回。

 

脾臓にいい、ダイエット効果もあり、肥満症、冠状動脈心臓病及び高血脂症状に適用します。

 

 

三、ヤマイモブクリョウハトムギ粥:

 

原材料:新鮮なヤマイモ100g、ブクリョウ30g、白いブクリョウ15g。

 

このダイエットお粥作り方:

 

新鮮なヤマイモをきれいに洗って皮を除いて小さい塊を切って、ハトムギの実をきれいに洗っておきます。

 

白いブクリョウをひいて粉末にして、毎回15gを取ってヤマイモ、ハトムギの実と一緒に粥を炊き、一日おきに一回、脾臓にいい、湿気を払い除き、ダイエットなどの効果があります。

 

四、冬瓜粥:

 

新鮮な皮あり冬瓜150g、うるち米適量。

 

このダイエットお粥作り方:

 

先に、冬瓜をきれいに洗って、小さい塊を切って、うるち米と一緒に粥を炊きます。一般的には、10-15日は一つ治療クールであります。

 

小便、水腫、熱毒などにとっていいです。肥満症の治療に補助できます。

 

 

最後、ダイエットお粥ではなく、三種類の塩漬け皮の作り方:

 

 

スイカ皮200g、冬瓜皮300g、胡瓜400g、塩とうまみ調味料適量。

 

スイカ皮の表面に残ったワックスを除去して、冬瓜皮の毛を除き、胡瓜と一緒にきれいに洗ってから沸騰している熱湯の中へ少し時間入れてから取り出して、千切りにしてから碗の中へ入れて、塩、うまみ調味料を入れて1-2時間を漬け込でしたらいいです。

 

おかずとして食用します。清熱、湿気、ダイエットに対してとても適用します!

 

ダイエットお粥の理論

 

肥満の人たちは運動するときに時々喘ぎ、胸がどきどきして、うろたえて、汗が出て、疲れやすいなどの症状に伴います。

 

漢方医学から見て、多くの肥満している人たちは気が虚しています。

 

即ち、気が虚していて、脾臓が弱まっていて、痰がじめじめしている症状です。

 

だから、肥満者が気を補い、脾臓を逞しくなるのはいいです。脾臓がよいだったら、水道がスムーズになっていき、体内の水運動が正常になり、痰もしめじめにしないです。

 

この道理に基づいて、肥満者にとって、益気の保健方法を使ってもいいです。これを基づいたダイエット効果がある粥は以上のようにまとめてみました。