寝つきが悪い

fumin_1

寝つきを良くする五つ方法

寝つきが悪い人は疲労感、頭痛、記憶力不集中、忘れっぽい、反応遅延、食欲無しなどの症状を引起します。ある人は手振り、耳鳴り、怒りやすいなどの症状もでます。そのため、以下には、寝つきを良くする五つ方法を紹介します。すぐに効果があるといえませんが、続ければ、不眠症を改善していきます。

 

寝つきが悪いまたは不眠症は慢性病気で繰り返し治療が難しく、長期不眠による人体免疫機能が低下して、神経機能の乱れを引起します。

 

不眠症厳重患者は内分泌失調、焦慮憂鬱、精神分裂にいたって、仕事、学習と生活に影響を及ぼしてきます。不眠症の防止に下記の寝つきを良くする五つ方法で対応しましょう。

 

寝つきを良くする方法の一:心因性原因を無くそう

 

仕事、生活中に緊張、焦慮を削除し、心理的なバランスを追求し、頭に過去の辛い思い出や将来未知の問題を入れないよう、自分の怒り、委曲、嫉妬等のマイナス思いを整理し自分を楽しくするということです。

 

寝つきを良くする方法の二:よい生活慣習

 

時間通りに寝る習慣を作ります。寝る前の半時間内に、刺激な映画、テレビ、本を見ないこと。又は強烈な運動をしないこと。

 

同時に、不良生活習慣を変えます。例えば、煙草、お酒をやめ、辛い食品を制御すること。それに、寝る前に濃いお茶、コーヒー等興奮させる飲料を飲まないこと。晩御飯を食べ過ぎないなど。

 

方法三:飲食睡眠調理で寝つきを良くすること

 

寝る前に温かい牛乳又は蜂蜜水を飲むこと。或いは神経功能によい食品を食べること。例えば河魚、海魚、牡蛎、エビ、どじょう、豚レバー、豚の腎臓、クルミ、落花生、りんご、きのこ、牛乳など。鹿茸、人参、トリカブトなど。あるいは適量をサンソウ、蓮子、ユリ、霊芝、五味子、麦冬、竜眼の肉などを、水に煮込んで飲むなどで、睡眠質量の向上に役立ちます。

 

方法四:適切に運動すれば、寝つきを良くすることができます。

 

毎日朝晩に適切な運動をします。例えば、散歩、ジョギング、太極拳など。

 

寝る前に柔らかい音楽を聞くと、精神を軽くさせ、うまく眠れます。

 

最後、寝つきを良くする薬物治療

 

眠れない、緊張焦慮者は医者指導の下で、睡眠薬を適量に飲むこと。但し、一般的に一ヶ月過ぎないようにしてください。というのは長期に、睡眠薬を飲むと、薬物依頼が出てしまいます。感知能力も下がって、臓器に損傷を起こす可能性もあります。